IV-14.「世界遺産アンコールをめぐるグローバル規範再考―地域情報学による在来知の発掘―」(令和1年度 FY2019 新規)


  • 研究代表者:丸井雅子(上智大学・総合グローバル学部)
  • 共同研究者:小林 知(京都大学・東南アジア地域研究研究所)
  • 小坂康之(京都大学・大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
  • Im Sokrithy(アプサラ機構・アンコール研修センター)