エッセイ

東南アジアにおける「応答性の政治」

見市 建(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科・准教授) IPCR タイプⅣ「近い将来のプロジェクト形成を目指す萌芽型共同研究」で、「東南アジアにおける『応答性の政治』(2016-2

広い間口のIPCR

藤田励夫(文化庁文化財第一課) 昨年度から、清水政明氏を研究代表とする共同研究「東南アジア地域文献の資料論的研究:ハンノム文献を中心として」に参加させていただいている。バンコクの寺